協会についてABOUT

協会の概要

名称
一般社団法人 大阪府雇用開発協会
代表者
会長 生駒 昌夫(株式会社きんでん 相談役)
所在地
〒540-0012 大阪市中央区谷町3-1-9 MG大手前ビル2階
根拠法規
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
設立の目的
社会経済の変化に応じて、高年齢者、障害者及び若年者等の安定した雇用の促進、適正な労働条件の確保、その他雇用をめぐる諸問題に関する必要な事業を行うことにより、雇用の確保と安定に資し、もって公共福祉の向上に寄与することを目的とする
規模
会員数 1,210事業所(2024年4月1日 現在)

協会の沿革

旧大阪府雇用開発協会

昭和36年4月28日
大阪府中小企業雇用対策協議会を設立、新規学卒労働力の確保及び職場適応指導の事業を実施。
会長に松下電器産業(株)(現 パナソニック(株))の松下幸之助が就任。
昭和44年6月18日
会長に(株)駒井鐵工所の駒井英二が就任。
昭和49年5月29日
会長に南海電気鉄道(株)の川勝伝が就任。
昭和56年10月21日
大阪府中小企業雇用対策協議会を発展的に解散し、社団法人大阪府雇用開発協会を設立するとともに事業を拡大。会長にダイキン工業(株)の山田稔が就任。
昭和61年5月1日
「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づき「大阪府高年齢者等雇用安定センター」として、労働大臣(現厚生労働大臣)の指定を受ける。
平成7年5月28日
会長に(株)きんでんの高橋季義が就任。
平成14年5月29日
会長にダイキン工業(株)の井上礼之が就任。
平成15年10月1日
「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」の改正により、「大阪府高年齢者等雇用安定センター」が廃止される。

旧大阪府障害者雇用促進協会

昭和24年4月1日
「大阪府身体障害者雇用促進協議会」として発足。
会長に早川電機工業(株)(現 シャープ(株))の早川徳次が就任。
昭和27年4月1日
「大阪府身体障害者雇用促進会」と名称を変更。
昭和49年4月1日
「大阪府心身障害者雇用促進協会」と名称を変更。
昭和52年3月5日
「社団法人 大阪府心身障害者雇用促進協会」の設立を大阪府知事より認可。
昭和52年3月7日
「社団法人 大阪府心身障害者雇用促進協会」として発足。
昭和55年6月25日
会長職務代行者にリヒト産業(株)の田中経人が就任。
昭和56年6月2日
会長にリヒト産業(株)の田中経人が就任。
平成元年4月1日
「社団法人 大阪府障害者雇用促進協会」と名称を変更。
平成元年6月2日
会長に大阪ダイヤモンド工業(株)の入江督が就任。
平成14年6月2日
会長にダイジェット工業(株)の生悦住望が就任。

一般社団法人 大阪府雇用開発協会

平成18年4月1日
「旧大阪府雇用開発協会」と「旧大阪府障害者雇用促進協会」の両協会が統合。「社団法人 大阪府雇用開発協会」としてスタート
平成24年4月1日
一般社団法人に移行し、「一般社団法人大阪府雇用開発協会」と名称変更。
平成29年5月9日
会長に(株)きんでんの生駒昌夫が就任。

組織

  • 総会
  • 理事会
    • 理事
    • 監事
    • 顧問・参与
  • 会長
  • 副会長
  • 事務局長
    • 総務部
      • 協会総務
      • 総会・理事会
      • 会員管理
      • 予算・経理庶務全般
      • 広報
    • 業務部
      • 若年者雇用対策業務
      • 高齢者雇用対策
      • 障害者雇用対策業務
    • 労働相談事業(全体業務)
TOP